人生の最初に出会った本

人生の最初に出会った本

状態 完成
最終更新日 2012年03月20日
ページ数 PDF:10ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

影響を受けた一冊ということを考えていくと、人生で最初に出会った本ほど影響の強い本はないかもしれない。物心がついたとき、すでに私の周りにあったお話の中に、強く印象に残る話があった。それはエドガー・アラン・ポー作『赤死病の仮面』だった。今思うと、私の中にある起源の分からないゴシック的な世界観は、さかのぼっていくとこの本に行き着くのではないかと思った。はじめも終わりもわからないあやめも分たぬ記憶の黎明期のなかに、本とともに育った私の起源を探る。パブーエッセイコンテスト参加作品、三つめ。

目次
奥付
奥付