なんといっても『アンナ・カレーニナ』なんです


著: 弥生

なんといっても『アンナ・カレーニナ』なんです

著: 弥生
状態 完成
最終更新日 2012年03月17日
ページ数 PDF:3ページ
ダウンロード PDF形式でダウンロード EPUB形式でダウンロード
内容紹介

 私と『アンナ・カレーニナ』との出会いを書きました。二十年近く前、青春時代に読んだ本です。
 これまで生きてきて、つまづいたり、立ち止まったり、振り返ったりするときに、ふと心に浮かぶ言葉やシーンが、このロシアの文豪の物語のものだったりするんですね。
 物語の必要性とか効能とかを具体的に示すことは私にはできないけれど、多感なころに、シュッと頭と心に入ってきて積み上がったこの物語は、その後の人生においても「自分を支えてくれている」と実感します。
 そんな極めて個人的なエッセイです。