ラジオの神様


著: daigokoji

ラジオの神様

著: daigokoji
状態 完成
最終更新日 2012年02月14日
ページ数 PDF:113ページ
ダウンロード PDF形式でダウンロード EPUB形式でダウンロード
内容紹介

 「宇宙人(またはエイリアン)襲来」、よりも「核戦争」「地震勃発」「高病原性インフルエンザ流行」は、現実味のある「パニック」設定である。これは、「高病原性インフルエンザ流行」のお話である。
 ある年の9月、香港発で世界的にH5N1型インフルエンザの汎流行がはじまった。
 舞台は、日本のA市。
 登場人物は、コミュニティーFM局で、汎流行の間、ラジオ放送を続ける中村哲太と、彼に協力して「ラジオの神様」というラジオドラマの声優をボランティアでしていた前川とかこ。旧FM局所有者で、汎流行で、藤原三郎に誘われ強盗をはじめる川口敏也。病院でインフルエンザと闘う、斉藤、山本各医師、看護師岩倉、ボランティアの山本と柴田。山本の息子のユウタと中村の息子のケンジ。国立ウイルス研の斉藤の娘、物語の主用な舞台となるA市の石井市長、などである。

全25章。