春待ち

春待ち

状態 完成
最終更新日 2012年02月14日
ページ数 PDF:6ページ
ダウンロード PDF形式でダウンロード EPUB形式でダウンロード
内容紹介

2010年11月に私のサイトで発表した小説を改稿したものです。
立春をモチーフに書いた詩を元に書き上げました。

奇しくも今日は立春当日です。
是非、ご覧ください。

×

春の始まりの日、バイト帰りの朔は、留守中に家の中へ上がり込んでいた花と短い会話をする。
時は夕暮れ。西日が強く射し込み部屋の中をいっぱいに充たす逢魔ヶ刻。
突然頭をもたげる欲望を前に、彼が出した結論とは。

目次
序詩
1
2