幸福市場

幸福市場

状態 完成
最終更新日 2012年02月14日
ページ数 PDF:39ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

すっかり落ちぶれて故郷へと帰ってきた吉岡勝一。借金を背負い、友人たちにも見放され、頼れる相手は幼馴染みで天岳寺の住職である足立だけである。幼馴染みに落ちぶれた姿を見せたくないという気持ちは強かったが、もはやどうにもならない状況だった。 そんな吉岡を足立は快く迎え入れ、さらに借金返済のための仕事斡旋までしてくれた。足立に感謝しつつ始めた仕事は、御徒町の地下に人知れず広がる奇妙な市場での、なんとも不気味なドリンク販売だった。「幸福ドリンク」と名付けられたこのドリンクは、黒っぽく苦々しい味がした。一体誰がこんなものを買うというのか。それでもなぜか売り上げは順調だ。そして、つい味見のつもりで飲んだ「幸福ドリンク」が吉岡を奈落へと引き込む。狂い始めた運命の歯車。悪趣味でどこか油断のならない社長の井之方。借金取りの合田。吉岡に辛くあたる足立の妻。まるで生きているかのように、呼吸する謎の地下市場。一癖も二癖もある連中に囲まれ、翻弄される吉岡を奇怪な連中があざ笑う。そして吉岡は生きることも死ぬことも選択できないことを知り愕然とする。吉岡の運命は......

目次
プロローグ
プロローグ
仕事
仕事
奇妙な連中
奇妙な連中
決意
決意
十一
十二