屋根裏男と屋根の上

屋根裏男と屋根の上

状態 完成
最終更新日 2012年02月14日
ページ数 PDF:78ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

脚本です。
病気の少年と、少年の部屋の屋根裏に住む男の話。
少年にとって、屋根裏男は天井を踏み鳴らす足音だけの存在だが、外に出られない少年の唯一の友人でもある。
たまに帰ってくる兄は、少年に話を合わせてはいるが、姿も声も聞こえない屋根裏男の存在を信じてはいない。
「存在する」と信じる人にとって、それは確かに存在する。
「存在しない」と信じる人にとって、それは存在しないことと同じだ。

上演時間:40分
役者:5人

学生時代に書いたもので、サークル内の選考に出す機会がなかったため、実際に上演したことはない作品です。
そのため、実際に芝居として成立させるには、やや難ありな点が多々あります。(屋根裏作成、舞台転換等)

目次
屋根裏男と屋根の上