枕草子 コジマミオコ訳

枕草子 コジマミオコ訳

状態 執筆中
最終更新日 2013年04月07日
ページ数 PDF:15ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

1000年を超えるベストセラー、
『枕草子』の小島澪子流の現代語訳です。

古典というだけでなんだか敬遠されがちですが、
『枕草子』は本当に魅力的な作品です。
私は時々ページをめくって、彼女の言葉を読み返します。
花の色、風の音、空の様子、日常にあふれる小さな幸せ、友情、恋。
そういうことは今も昔も何も変わらないのです。

桃尻語訳や田辺聖子さんの小説(「むかし、あけぼの」)など、
現代の言葉に替えたものはとっくにありますが、
私は私なりのとらえ方で
『枕草子』を表現したいと思います。

私が好きなものを好きな時に取り上げたものであり、
順不同で、分類も特にありません。
ここで少しでも『枕草子』の世界を感じていただけたら幸いです。

(2003年ごろに書いたものです。)

目次
はじめに
はじめに
本編
春は
夏は
秋は
冬は
雪は
滅多にないもの
正反対のもの
風は
嵐の翌日
奥付
奥付