帰省

帰省

状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:36ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

 何も変わっていないようだけれど、ところどころ記憶と違うものが混じっている。昔は、えんじとクリームのバスしかなかった。でも、いま目の前を通ったバスは、不自然なほど白い車体に、「おもいっきりテレビ」なんて描いてあった。駅から見えていた電光掲示板はなくなって、かわりに大きな時計がかかっている。西側は、鬱蒼と茂っていた樹木が一切なくなって、ずいぶん見通しが良くなっていた。
 私は、この街の間違い探しをするような気分になりながら、ばさっと傘をひろげた。
 駅から出ると、国道を挟んで正面に松坂屋が見える。こちら一面が青緑色のガラス窓で覆われていて、「北のこだわりグルメ

目次