もみ

もみ

状態 完成
最終更新日 2012年02月14日
ページ数 PDF:13ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

広い田圃の中、ひとつの稲穂。その中のひと粒の「もみ」の願いは「たねもみ」になること。
そうすれば、もっともっと沢山のなかまを、増やせるから。この世に生まれて、こんな立派な仕事はない。
兄弟たちと刈り取られ、脱穀された行き先は、残念、精米されてスーパーの店頭。
元気な男の子とお母さんの家に買われ、ご飯に炊かれる。
でも、機嫌の悪い男の子に捨てら、食べられることすらなく、冷蔵庫の下で干からび、何年も。
いったい、僕の一生はなんだったのか。誰か教えて下さい、と「たねもみ」になれなかった米つぶはなげき悲しむ。

目次
奥付
奥付