野の花  前篇  


著: ataka

野の花  前篇  

著: ataka
販売価格:50円 (税抜)
状態 完成
最終更新日 2013年11月22日
ページ数 PDF:141ページ
内容紹介

黒岩涙香の「野の花」の現代語訳

 イギリスの片田舎に育った美しい娘澄子が、貴族の跡継ぎである冽(たけし)に見初められて、身分の違いを心配しながらも、熱意に負け、結婚したが、心配していた通り、身分の違いを口実に、夫の母親や、夫の従兄妹の品子に意地悪され、自分がいないほうが夫や息子が幸せになると考え、家を出て姿を隠してしまう。

目次
一、話の初めより以前の一章
二、髪の毛二房
四、爛漫の天真をそのまま
三、天然の美の中心
五、自分を知る知恵
六、では何かお土産でも
七,早く驚かせて喜ばせて
八、殺してやりたいよ
九,細工は流々
十、時々は便りも聞かせて
十一、動物は総て自然
十二、華美なことがお好き
十三、フランスですかドイツですか
十四、それは我がままというものだ
十五 御覧なさい 品子などは
十六 主人に似た女中
十七 貴族には貴族の名前
十八 外の願いなら何でも
十九 罪深い所業
二十 そう行かねばいけぬ
二十一 貴方の様は不敬
二十二 貴方はどうする
二十三、大夜会の催し主
二十四、大広間の真ん中
二十五、運の尽き
二十六,ネエ貴方
二十七,初めての勝利
二十八、又あいつが失策を
二十九、山鳥と鶴
三十、今は堪忍袋も破れた
三十一, 何を嫉妬
三十二,止むを得ん、同意
三十三、当人が死ぬまでは
三十三、当人が死ぬまでは
三十四、そなたの玩具(おもちゃ)
三十五、幾何学的の美人
三十六、この夜であった
三十七、春の名残
三十八、思い置くことは無い
三十九、何(ど)のような夢を
四十、神の目からは同罪
四十一、死ぬ所まで
四十二、この世への暇乞
四十三、ふさふさした長い髪の毛
四十四、至急にご出張を
四十五、電報が参りました
四十六、室の中は森と静
四十七、お言葉の通りです
四十八、その言葉が当たった
四十九、奪う者は奪われる
五十、短い言葉
五十一、本当の澄子は今何処に
五十二、新聞紙の有難さ
五十三、後々又何(ど)のような
五十四、墓前の花一輪
五十五、眉毛を染める薬も
五十六、今でこそ荒屋(あばらや)
五十七、私は子供が好きですよ
五十八、考えてご覧なさい
五十九、義務としても品子に
六十、理の無い所へ理をすげて 
六十一、学校
六十二、暗い、暗い心の中
六十三、顔は覆面に隠れている
六十四、徐に白い手を上げその覆面を掻き除けた