五つの足跡


著: 都 恵司

五つの足跡

著: 都 恵司
状態 完成
最終更新日 2012年02月14日
ページ数 PDF:54ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

支倉透はある日、子犬を拾う。奇しくもそれは娘の一歳の誕生日だった。
妻の絵里は犬を飼うことに反対するが、たまにしかわがままを言わない透がどうしてもというので折れる。


「あたし、わかってた。
あの子よりもあたしの方が先に死ぬって。十分に長く生きたと思ってる。
でも、もう少しだけ時間があってもいいんじゃない。
だって、あたし、まだ「さようなら」って言ってない。
練習したけど、言えなかった。昨日も言えなくて今日も言えなかった。
「ありがとう」も言いたかった。「たのしかった」も「うれしかった」も「ごめんね」も。
いっぱい、いっぱい話したいことがあったんだ。あったんだよ?」


(2011/9/25-2011/10/19完結)
犬の話が書きたいと思って書きました。
時間の無い方は、せめて序章と最終章・エピローグを読んでみてください。
さらに忙しい方は、エピローグだけでもぜひ。

10月19日。今日が命日のうちの子(犬)に、捧ぐ小説です。

目次
序章 誕生日の拾いもの
誕生日の拾いもの
一章 手術と注射とドッグラン 
手術と注射とドッグラン
二章 けんかとBBQと親ばか
けんかとBBQと親ばか
三章 旅行と下剋上と脱走
旅行と下剋上と脱走
四章 散歩と姉妹とシャンプー
散歩と姉妹とシャンプー
五章 青春と犬語翻訳機と兆候
青春と犬語翻訳機と兆候
最終章 浪人と夏休みとがん
きみと過ごした日々は、わたしのたからもの
エピローグ
あとがき
あとがき
奥付
奥付