愛だよ。心だよ。人生だよ。

愛だよ。心だよ。人生だよ。

状態 完成
最終更新日 2012年02月14日
ページ数 PDF:7ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

今、どんな情況や境遇にあろうとも、人間には、生まれて死んでいく、だれにも変えることのできない不変の真理がある。いい事をした人にも悪いことをした人にも、人に迷惑をかけた人にも迷惑をかけなかった人にも、幸せな人にも不幸な人にも同じように生と死がある。今日という日は二度とない、青春を二度生きられる人間はだれもいないのだ。恋を二・三回したり、入学や入社、資格のための受験勉強を数回くり返すことはできるかもしれないが、十歳を、十五歳を、十八歳を、二十歳を二度くり返すことは、人間としてだれもできないのがこの世の真理である。人間は五十歳というかなりの年齢を超えると、それがわかるようになるのも世の常でもある。元気のある五十歳以上、若く見える五十歳以上、しかし十五歳、十八歳、二十歳の若さ、肌のつやや張りはない。それは歴然とした事実である。人に比べられる何物もないが、若い時には自分にもそれなりに素晴らしい若い自分があったと思う。人はそれぞれどんな容姿を持って生まれてこようが、若い時は、若さと肌のつやや張り、心の初々しさにおいて皆素晴らしい、と思う。日本とアメリカの人生を通し、やがて死んでいく者の一人として、いいことも悪いことも若き日の記録として綴っていきたい。

目次