竜馬外伝 i13 帰郷の章

竜馬外伝 i13 帰郷の章

販売価格:100円 (税抜)
状態 完成
最終更新日 2014年11月16日
ページ数 PDF:51ページ
内容紹介

異国との条約が締結される世の中、開国が進む中で武士は何をすべきなのか、竜馬はどうすべきなのか・・・。修行期間の終了が迫る中、竜馬は故郷への帰路で多くの出逢いを果たす。街道に潜むもの、息づくもの。彼らもまた世の変革に左右されるのだった。・・・幕末の風雲を綴った坂本竜馬の外伝シリーズの第13章。現代社会が失った日本の心の復興と善き発現を求めて、坂本龍馬を中心に青年達が命を賭した明治革命を追う。

目次
一人旅
― その1 ―  時代の流れ
― その2 ―  利他の心
― その3 ―  諦めを知らぬ男
清水次郎長
― その1 ―  長脇差
― その2 ―  侠客の世界
― その3 ―  武士の役割
怪僧侶
― その1 ―  再会
― その2 ―  悔恨の念
― その3 ―  世の歪み
妖刀
― その1 ―  人斬り
― その2 ―  闇
― その3 ―  魔物
― その4 ―  月光
― その5 ―  十六夜
四国へ
― その1 ―  道場破り
― その2 ―  酒豪竜馬
― その3 ―  比叡へ
― その4 ―  青梅雨
容堂の目
暴言
竜馬を待つ者
― その1 ―  泥濘
― その2 ―  懐かしい姿
岡田以蔵
― その1 ―  嫌われ者
― その2 ―  境遇への恨み
― その3 ―  我が家
奥付
奥付