家まで片道3時間

家まで片道3時間

販売価格:385円 (税込)
状態 完成
最終更新日 2012年02月14日
ページ数 PDF:63ページ
内容紹介

 毎日新聞に連載されたエッセイです。10年ほど前(2001年)、一年間、毎週、私の、東京の住まいと田舎の住まいのお話です。
 投稿では世田谷区の用賀、二十坪の床面積の中に幕の内弁当のごとき3LDK.がはめ込まれている賃貸マンションで、3階のベランダからは、砧公園の緑をバックにジャイアンツの槇原投手の家の屋根が見える。駅まで自転車で10分、電車に乗り換えて仕事場までは30分もあれば着いてしまうところに住んでいる。
 金曜日の夕方、家族四人でお山の家・宅庵に向かう。首都高速から中央高速に入り、長坂で降り、野辺山を通って八千穂村(長野県南佐久)まで三時間弱。車内でのワイワイガヤガヤから週末の田舎暮らしが始まる。

目次
奥付
奥付