東京ガラパゴスタウン 新宿ゴールデン街が見ていた戦後日本

東京ガラパゴスタウン 新宿ゴールデン街が見ていた戦後日本

状態 完成
最終更新日 2017年03月23日
ページ数 PDF:21ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

青線の名残りで、今も残る隠れ部屋「ちょいの間」とは……? 新宿花園ゴールデン街(新宿三光町商店街)理事長・奥山彰彦氏へのインタビューです。奥山氏は、現在「奥亭」、「O2」という店を経営されている、飲屋のマスター&町の世話役です。バブル経済の頃、「限界集落」となり、ほとんど撤去(早朝の放火など)されそうになっていた花園ゴールデン街が、いかにして今日まで残りえたのか。いわば新宿ゴールデン街版「プロジェクトX」(ちと、古いですね)。戦後日本をこの特異な町はどのように目撃してきたのか、三島由紀夫自決直前のエピソード、『家畜人ヤプー』の作者の面影、流しのマレンコフの素顔、などなど……。リトルマガジン『カプリチオ』掲載の文章を、再録します。

目次
奥付
奥付