うたうたい。

うたうたい。

状態 完成
最終更新日 2014年03月15日
ページ数 PDF:29ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

昔から、歌を歌うのが大好きだった。
口ずさむ歌声が、いつも耳に残った。


夢を追った。
誰かと追ったかもしれない。
同じ道を歩んだ人は、同じ夢の中でただひとり、大きなステージで声を震わせていた。

遠くから見た風景。
小さな身体は、3万人の中でただひとりの歌声を響かせ続けた。

夢は、目の前にあった。
同じだったあの道に、悲しみなんてどこにもなくて。
同じ時間と、笑い合った季節と、ひとりでステージに向かっていったあの日の背中。

あたしは歌が大好きだった。
同じ歌を口ずさんだ。
あの日の笑顔は、みんなの笑顔へと変わった。
背中は見えない。

遠くから見たのは、昔から聴いたことのある、懐かしい歌声だった。
懐かしく響いた声は、痛みの効いた歌を歌っていた、あの日のふたりを少し思い出せたような気がして―――。


目次
奥付
END.