写漫 いぢわるあなじゃこと 灯くん 

写漫 いぢわるあなじゃこと 灯くん 

状態 執筆中
最終更新日 2012年02月14日
ページ数 PDF:26ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

灯くんは ちょろり達と おだんごを食べようとしていました。ジャマしにくるのが 乱暴ないぢわるあなじゃこです。灯くん、ケンカする? 大長編の灯くんを作っているところなのですが こんなお話もこぼれ落ちてきましたので 先に発表してみます。

目次
灯くんは旅の途中です。 泥の海を歩いています。
ん?むこうでなにか 動いたぞ
よくよく見れば 泥の海には ぽつぽつとちいさな穴が。
これは ころり。 泥の中のわずかな栄養を おだんごにして食べているものです。
こんにたは おだんご たびる?  ありがと おいしそうだね。
これは ちょろり。ひとなつこいものです。
ちょろりんちょろりん。 ちょろりも いれて。
おだんごを およばれしながら 灯くん さがしているひとのことを ふたりにきこうとしたとき・・・
いきなり、足が どげしっげすっ。
これは いぢわるあなじゃこ。らんぼうなひねくれものです。
 たえずだれかに毒をはいて いじめないでは いられないのです。
ただ楽しそうにしてたから というだけで 灯くんを 蹴ろうとするので
灯くん ちょっと体をひねったら すってんころりん。おみごと。
それ にげろ~っ
灯くん すごく速いのです。
びゅんびゅん走ります。灯くん けんかはきらいだから。
ふりかえりも しません。 なんの迷いもなく 全力で逃げ去ります。
ぅがぁああ ぐやじぃい。なんでだよ なんで おれが泥だらけなんだよぅ。いつも自分いがいのだれかが悪いんです。
いじわるする獲物に 逃げられたくやしさで ころげまわるうちに・・・
そのまま自分の毒で 泥のかたまりに なってしまいました。
さ。 もいちど おやつ やりなおしだね。いぢわるあなじゃこには きっとまた会えそうな気がするな。
奥付
奥付