戦争に勝る花

戦争に勝る花

状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:21ページ
ダウンロード PDF形式でダウンロード EPUB形式でダウンロード
内容紹介

「我らを見守りし……」
ステンドグラスから入ってくる木漏れ日に照らされながら、中で、一人の戦士が静かに祈りを捧げていた。

「西の門より流れるは、我らの水。廻り巡って、恵みが育つ」
戦士の妻である彼女は、唄を歌いながら鍋一杯のジャムを煮立てていた。


『すべての実を集めた者は、神が向かった楽園を開くことができるだろう』
この国の国王は野心を抱いていた

目次
【彼の祈り】
【彼女の唄】
【出撃】
【空】
【足止め】
【真姿を見せつける鏡森・I】
【眠りへ】
【夢の中・I】
【真姿を見せつける鏡森・II】
【水のソノヒト】
【水の救い】
【夢の中・II】
【異変】
【ケモノが通る道】
【呪いを与える者】
【誤算】
【腐れ落ちる実】
【種の救い】
【願いの果てに】
【想いは巡り】