夏草の酒

夏草の酒

状態 完成
最終更新日 2012年02月14日
ページ数 PDF:20ページ
ダウンロード PDF形式でダウンロード EPUB形式でダウンロード
内容紹介

「ここは、アゲハの通り道になっているのよ。裏山に山椒があるし」
 亡くなった息子の飲み残したボトルを抱えて、田舎の年老いた母の元に、東京から一人の若い女性が尋ねてきた。そして、死んだ息子の面影を知る二人だけの儀式が始まる。
 かまびすしい蝉時雨の中に、夏の終わりの透明な悲しみが漂う。

  

目次
1
2
3
4
5
奥付
奥付