Shito Angelus Aurora 愚者の章六節


著: youyou19

Shito Angelus Aurora 愚者の章六節

著: youyou19
状態 完成
最終更新日 2012年02月14日
ページ数 PDF:28ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

Shito Angelus Aurora [シト アンジェルス アウローラ]
angelus→ラテン語で「天使」の意。転じて「使い・使徒」。
aurora→ラテン語で「夜明け」の意。夜明けの神の名。広義では「未明」も含まれる。

世界を旅する者シト。
歴史は、語り継ぐものがある限り、鼓動していく。
だが、愚かしき行為で辱(はずかし)められることもある。

美しき生命の賛歌も、忌わしき異端の亡歌として葬られる時もあり、
血で染まった手で罪人(つみびと)を抱きしめる聖者が認められる時もある。

人の世は真実と虚構が混在していて、
許し難いことも多々あるが、
案外、人々はそれを気にせずやり過ごしていく。

そうやって、幾数(いくすう)の歴史は幕を閉じる。