始末屋2

始末屋2

状態 完成
最終更新日 2012年02月14日
ページ数 PDF:32ページ
ダウンロード PDF形式でダウンロード EPUB形式でダウンロード
内容紹介

 古くは江戸時代より続くとされる裏稼業、始末屋。
 幕府の命によって、危険因子などを秘密裏に始末する、幕府直属の隠密集団。
 時が移り変わり、国からも切り捨てられた始末屋の集団は散り散りになった。その中の一つである葉月家の最後の代とされるのが「葉月葉一」という少女だった。
 先代の父親から受け継いだ、山の麓にある喫茶店を経営しながら、本業は裏の始末屋を営業している。

 突然喫茶店に来店した一人の男。金が本業の依頼だと見抜き、話を聞くと、実は抜けた組織から追われているという。
 身に覚えのない「ブツを返せ、一週間以内に返さなければ殺し屋を送り込む」という脅迫電話に困っているというのだ。はたして一週間で始末対象を特定できるか?

 パブー登録記念ということで、第二弾も過去に書いた応募作品です。こちらは応募前から書いていたのですが、担当者の要求を勘違いしてしまったため、こちらを没にして第一弾を応募した次第です。こちらも、第一弾と同様、ある意味では出発点となった作品でもあるので公開します。

 表紙絵:擂瑠らいる
 pixiv:http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=19157639

目次
脅迫電話
葉月葉一
期限一週間の依頼
家族
始末屋という闇
始末完了
あとがき
奥付
奥付