大震災前後…そのとき私は

大震災前後…そのとき私は

販売価格:3,000円 (税抜)
状態 執筆中
ページ数 PDF:148ページ
内容紹介

2011(H23)年3月11日
そのとき私は自宅にいた。
 目眩を覚えた。脳梗塞にでもなったのかと疑った。

「ふと見ると 宙吊りネクタイ 揺れている 頭上の電気も 地震と気づく」

「愚かにも その夜仕事で 津波見る 壮絶画像 アハハと笑い」

「大災害 実感沸かずに 凄まじき 画像見慣れし 視覚を恥じる」
 ……
そして、野球チームたちに怒った。救援に及び腰の連中ばかりに憤慨した。

私は自身の非力を顧みず、駆けつけようと考えた……

その前後の私は何だったのか?

3月1日から四月末までの自分を、洗い浚い晒してみよう……

   ページ画像がずれていた
   どうしてなのか、理由がわかった
   一太郎で、行を整えて、1ページに綺麗に納めて
   画像化したけれど、半改行などは画像化では無視された
   そのために、奇妙なものとなった
   いずれ、再々改訂で直さなければ……

目次