ヘッドライト・北急電鉄の震災

ヘッドライト・北急電鉄の震災

状態 執筆中
最終更新日 2012年08月02日
ページ数 PDF:99ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

架空鉄道北急電鉄の2011年3月11日、震災罹災からの出来事のハーフフィクションです。

目次
3月11日
迎えつつあった春
11日15時30分
11日19時47分
長い夜の始まり
3月12日
夜明け前・相模大川運転区
詰所での朝食
夜明けのギャンブル
オンラインの戦場
給料
戦う若葉
フラグ
社長室
もうひとつの戦線
3月13日
東電・応接室
運転再開と、とある旅立ち
夜、再び
3月14日
出発
夜、孤独な居酒屋で
防人の同盟
3月15日
訪問者
甲組の旅立ち
残酷な真実
痛み
新潟へ
新潟・長岡着
3月16日
知恵の大樹
届いた鋼の駿馬
不安のマネジメント
終電の出発
3月17日
日本海、もう一つの動脈
社長室
乙組の活躍
奮闘ここでも
計画停電の夜
神宿・ハイラットホテル
線路の夢
3月18日
青天井
夢の住人
門出
難攻不落
留置線クルーズ
痛みの波及
ヘッドライト
3月19日
乗務引継駅にて
未だ闇の中、しかし我、光を灯す。
現時点でのあとがき
現時点でのあとがき