月夜の照らす怪物

月夜の照らす怪物

状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:64ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

2000年前後に書かれた江口祐介の短編集です。

「夢が過ぎたら」
夏休みに「君」に連れられて出た「僕」の冒険の旅。
それは楽しくまるで夢のようなひと時だった。

「月夜の照らす怪物」
眠れない夜、深夜放送のB級映画に出て来た安っぽい怪物。
それはまるで俺のようだった。

「ソラリスの風」
 人々は戦うことをやめ、獣を宿した街を築く。
 獣は人の心と時を食らい影を落とす。

「ネバーランド」
 それは決して終わらぬ世界。
 そこで少女は何を見つけるのか・・・?

「仮設 竜斗の世界」
 型にはめられて生きることしか知らない現在という時。
 流れと共に心の自由と幸せを忘れていく少年達。
 はみ出すことをおそれず、一歩踏み出す勇気があればきっと全ては変わる。
 望みさえすれば忘れてしまった自分にもなれるはず。

目次
夢が過ぎたら
夢が過ぎたら
月夜の照らす怪物
月夜の照らす怪物
ソラリスの風
ソラリスの風
ネバーランド
ネバーランド
仮設 竜斗の世界
仮設 竜斗の世界 衝突
仮設 竜斗の世界 予感
仮設 竜斗の世界 殻
仮設 竜斗の世界 出会い
仮設 竜斗の世界 遭遇
仮設 竜斗の世界 何時か終わる夢
仮設 竜斗の世界 竜斗の世界
仮設 竜斗の世界 夕鶴の世界