―そして敬翁桜は咲いた・・・  この書を 木花開那姫に捧げる・・・ 著 石井久作。


著: amygdala

―そして敬翁桜は咲いた・・・  この書を 木花開那姫に捧げる・・・ 著 石井久作。

著: amygdala
販売価格:1,200円 (税抜)
状態 執筆中
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:65ページ
内容紹介



翁桜を日本一の切花桜に育てあげた“男”の自伝
-日本の枝物切花園芸を変えたその情熱と苦闘の生涯-

目次
死ぬかも知れない
1
2
3
花を眺めて死んでゆこう
1
花は咲いた!そして、売れた!!
1
2
「お前は死なない」
1
2
ひと握りの土
1
乞食(こじき)の次の仕事
1
2
花作りには金がかかる
1
苦難の1956年
1
1.2
2
山形花(か)卉(き)生産組合結成
1
2
3
4
5
6
所得倍増論
1
2
3
「敬(けい)翁(おう)桜(ざくら)がやってきた」          -1964年(昭和39年)-
1
2
3
毎日花を見に人がやって来た。そして、 新聞社も、テレビ屋さんも来た。
1
2
3
4
5
6
7
8
昭和47年の47インターハイ
1
2
3
4
5
6
7
山形市「花いっぱい会」
1
2
3
4
5
6
7
花の園芸試験場
1
1975年 庄内の事 昭和50年の頃
1
盛岡の試験場へ
1
2