君が代は歌えない

君が代は歌えない

販売価格:500円 (税抜)
状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:178ページ
内容紹介

 主人公は高木亮。合格確実といわれた最難関の私立中学の受験に失敗し、地元の公立中学に入学することになっている。
 小学校の卒業式を終えた春休みのある朝、同級生でラグビースクールに一緒に通っている武田から担任の三峰(みうね)先生が昨日の晩、自殺したとの電話を受けた。亮は先生が自殺するはずがないと直感した。というのは前日にクラスメイトの林綾乃や小山大介と先生のアパートへ遊びに行ったばかりで、そんな予兆は何もなかったからだ。
 そこで、先生愛用のノートパソコンに何か自殺の真相が書かれていないかと先生がいつも使っている図工の準備室に忍び込み、盗み見ることに成功するが、殆どのファイルはロックされゴミ箱ファイルに僅かばかりのメモを発見しただけだった。
 友人の林綾乃の父親が三峰先生の恩師と大学の同窓であったことから、先生の自殺の状況を聞かされ、自ら命を絶ったのではないと確信する。
 それから行動力のある林綾乃、パソコンの能力のある小山大介、途中からは武田が仲間に加わり自殺の真相を探り出し始める。

目次