りすとら勝家


著: 梧桐渉

りすとら勝家

著: 梧桐渉
販売価格:580円 (税抜)
状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:164ページ
内容紹介

織田信長亡き後の体制を秀吉が築いていく中で、不要と見なされ冷遇された柴田勝家。義に生きて自らの面子も立てるため、不利を承知で筋を貫く。上手く立ち回ることができない男の生き方を描く。

目次
余呉の夏
余呉の夏
清洲の夜
清洲の夜
運命の日
運命の日
領地再編
領地再編
評定の後
評定の後
北庄の秋
北庄の秋
宝寺の夢
宝寺の夢
長浜の変
長浜の変
美濃の乱
美濃の乱
伊勢の急
伊勢の急
対陣の時
対陣の時
将監の忠
将監の忠
決戦の朝
決戦の朝
街道の灯
街道の灯
武将の証
武将の証
勝助の義
勝助の義
利家の志
利家の志
秀吉の策
秀吉の策
北庄の夏
北庄の夏
夢路の跡
夢路の跡