キリストの十字架

キリストの十字架

状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:19ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

今から約二千年前、中東のエルサレムでイエス・キリストが十字架にかかって死に、三日目に復活するという人類史上最大の出来事がありました。聖書はキリストの十字架には二つの重要な面があることを告げています。その二つの面とは(1)十字架の贖いの面と、(2)十字架の交わりの面です。今日、十字架の贖いの面を認識しているクリスチャンは大勢いますが、残念なことに十字架の交わりの面を認識している人はあまり多くありません。本書では、特に十字架の交わりの面についてアンドリュー・マーレーが聖書から解き明かします。十字架の死の主観的経験は復活の命の主観的経験への道を拓きます。より深い信仰生活、主との交わりを求めるクリスチャンにお勧めの本です。

目次
第1章 御霊は十字架に導く
第1章 御霊は十字架に導く
第2章 自分を否んで十字架を負う
第2章 自分を否んで十字架を負う
第3章 十字架は神への道
第3章 十字架は神への道
第4章 十字架の勝利
第4章 十字架の勝利
第5章 この世の磔殺
第5章 この世の磔殺