チベット鉄道殺人事件


著: あきら

チベット鉄道殺人事件

著: あきら
販売価格:300円 (税抜)
状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:102ページ
内容紹介

「チベット鉄道」殺人事件 概要
チベットへの旅行者である私(深澤)が、目撃したと言う想定で文を構成した。
開通したばかりの「チベット鉄道」内で乗客が殺害され、車外に遺棄された事を事件の発端としてある。
中国の威信をかけて建設した鉄道での事件ということで、中国公安部は、特殊情報部の協力も得て、捜査に乗り出した経緯、当初は、「冬虫夏草」などの漢方薬の売買に絡むトラブルが原因と見て捜査を進めた経緯、しかし、本当の原因は、およそ五十年前に勃発した「チベット動乱」に根のあることで文を構成してある。
インドに亡命し、チベットの自治権強化を訴えるとともに、非暴力抵抗を唱えるダライ・ラマ十四世を慕って、接見のためヒマラヤの高峰を越える信徒の支援を行うグループと、それを金儲けの手段とするグループとの確執及び両者の動きを探る特殊情報部との攻防を描いたものである。
中華人民共和国の設立と同時に「チベット人民を外国の帝国主義から解放する」との口実の下、チベットを自国に組み込み、強制労働で公路(道路)建設を急いだ時期に、両グループの確執が始まり、その後今日に至るまでの経緯を、歴史的事実を加味しながら記載した。

目次
プロローグ
1~12
13~24
1章