水びたしの聖書

水びたしの聖書

状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:44ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

地下の闇で流通する「魂」の地域通貨…。銀座の画廊主の二代目である葛木は、不況の中で経営的に行き詰まっていた。すでに負債が重なり、家屋敷すら失うかも知れない状況であった。ある晩、バーで知り合った正体不明の男に、とある集会へと誘われる。見慣れた銀座のビルの背後の路地をさらに入ると、四面をビルの背に囲まれた小さな空地、その奥に地下へと続く急な階段があった。地下通路を進むと重い鉄扉が開いた。精神的な苦境がその扉を開かせたのか、それまで知らなかったアンダーゾーンに触れることになる。そこは「魂」「自尊心」を地域通貨としてやりとりする秘密倶楽部であった。扉の向こうで葛木が目撃したものは……。聖性と魔性の織りなす混沌の世界。過去作品を晒します。

目次
閉じられる画廊
詐欺師の薄い髭
路地の奥の入口
地下神殿の宴
恥辱、屈辱と、引き替えに…
地域通貨としての「魂」
水びたしの聖書
自傷する聖少女
切開
水中花はひらく
奥付
奥付