ありがとうと言える幸せを感じたことがあったろうか

ありがとうと言える幸せを感じたことがあったろうか

状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:53ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

食と命の恵みについてのエッセイです。2009年3月にホームページ上で発表した作品を電子書籍化しました。表紙画像には、ゴッホ(1853-90)作「種まく人」を使用しています。

目次
一「命の責任」
二「命を犠牲にして生きている」
三「自分に強くあること」
四「衣食住に満ち足りる」
五「店員さんへの感謝の気持ち」
六「食事の恵みに感謝する」
七「お客様が神様なら店員さんも神様」
八「仕事に感謝する」
九「楽しさを感じる」
十「ゴルフ場で働く人たちの幸せを願う」
十一「生きることの醍醐味は、出会いに感謝すること」
十二「忙しく働けるのは、ありがたいこと」
十三「西洋医学にも感謝」
十四「感謝の時間を増やす」
十五「インド料理に感謝」
十六「お金を使えることに感謝」
十七「注意点のまとめ」
十八「想像力で補う」
十九「牛丼屋さんの幸せを願う」
二十「クリスマスイブにありがとうと言う」
二十一「往復書簡としての人生」
二十二「庶民の務めとして書いていく」
二十三「生まれてからずっと満ち足りている」
二十四「奇跡だと気づく」
二十五「評価を求めず、感謝する」
二十六「インフルエンザにかかった人の回復を願う」
二十七「全ての人に夢と願いがある」
二十八「ありがとうと言える幸せを感じたことがあったろうか」
二十九「ホームレスの女性」
三十「打ち負かされている誰かの力になる」