花の精が生まれた

花の精が生まれた

状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:10ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

そろそろ皆さんの身の回りで咲き始めている頃です。
オオイヌノフグリ。人知れず小さな青紫の花を付けて皆さんの側にいます。
そんな小さな植物の小さなつぼみで生まれた花の精のお話です。

小さな花と同じく、短い物語ですが、
花の精はたった1日の一生の中で、私たちに何を与え、私たちは何を花の精に与える事が出来たのでしょう。
物語を読み終わった後、是非とも、足下に注意しながら歩いてみてください。オオイヌノフグリは、きっと、どこかで見かけますよ。

目次
奥付
奥付