セメント樽の中の手紙 葉山 嘉樹・著


著: 藍岩堂

セメント樽の中の手紙 葉山 嘉樹・著

著: 藍岩堂
状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:5ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

「馬鹿にはされるが真実を語るものがもっと多くなるといい」

プロレタリア文学作家・葉山 嘉樹の墓碑にはそう刻まれているという。

プロレタリア文学の文学の枠を超え、人間の情念を激しく刻み込んだ衝撃作!!

●葉山 嘉樹(はやま よしき) 1894年3月12日~1945年10月18日(満51歳没)

代表作『海に生くる人々』(1926年)『淫売婦』(1926年)

目次