ドラッカーの聴診器~医療にも体系的なマネジメントを~ 6/6

ドラッカーの聴診器~医療にも体系的なマネジメントを~ 6/6

状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:8ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

株式会社じほうの出されている「Japan Medhicine」に掲載された論文です。
平成22年10月~11月にかけて6回にわたり掲載されました。
病院にドラッカーのマネジメントを取り入れたらどうなるか、私なりの解釈で書いております。

「Japan Medicine」をご覧になれなかった方にも、
この論文を読んで病院のマネジメントについて考えていただきたいと思い電子書籍化しました。
ご感想はコメントかブログのメール、ツイッターからどうぞ。

「次にこういうものを読みたい!」というリクエストも受け付けております。
ご遠慮なくいろいろなご意見をおきかせくださいませ。

星ブログ:「病院に聴診器をあててみれば」 http://blog.livedoor.jp/zvezdahoshi/
星ツイッター:hoshi_taeko

【第6回 副題】※今回が最終回です!
自己開発~病院内でのリーダーシップとは~

目次
6 自己開発~病院内でのリーダーシップとは~
①前回のおさらい~病院は人材が財産~
②病院におけるリーダーシップとは
③リーダーシップを会得するために
④リーダーシップについての病院事例~前半~
④リーダーシップについての病院事例~後半~
⑤院長がリーダーシップを理解・発揮していた事例
⑥まとめ