モーツァルトが大好きな私


著: youchance

モーツァルトが大好きな私

著: youchance
状態 執筆中
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:70ページ
ダウンロード PDF形式でダウンロード EPUB形式でダウンロード
内容紹介

若い時に最も嫌いなそして軽蔑していたモーツァルトでしたが、今は最も尊敬している作曲家です。モーツァルトを一言でいえば天才と大馬鹿の要素を併せ持った最も人間的な作曲家であり、天才であるが故にある意味で不幸とも思える人生を駆け抜けた音楽家であると思っています。
 しかし、モーツァルトにとっては充実した35年間という瞬間であったと思います。人間は誰でも本当は独りで寂しいものなのです。それが分かっているようで分からないのが私のような凡人なのです。そして落ち込んだ時に救ってくれるのが、いつもモーツァルトの音楽なのです。

目次
はじめに
モーツァルトが大好きな私
モーツァルトが大好きな私
モーツァルトの血液型
「モーツァルトのドン・ジョヴァンニ」(アンソニー・ルーデル著)を読んで
モーツァルトの死と妻コンスタンツェ
モーツァルトと姉のナンネル
モーツァルトにおける旅とは
癒しのモーツァルトについて
モーツァルトの楽譜を見ながら感じたこと
モーツァルトの魅力
モーツァルトとイタリア旅行
モーツァルトは「注意欠陥多動性障害(ADHD)」であった
モーツァルトと五木寛之と哀しみと歓び
モーツァルトとオランダとパイプオルガン
モーツァルトとジャズについて
モーツァルトと自然観
バッハ、ベートーヴェン、ブラームスとモーツァルト(3B+M)
毎日がモーツァルト
モーツァルトと桜と日本人の美学
「熱狂の日」音楽祭2006モーツァルトと仲間たちを聴いて(5月5日)
モーツァルトに係わる世の中の狂騒
モーツァルトと宗教音楽
モーツァルトに係わる新刊書籍を読んで
ザルツブルク音楽祭8月29日(S・ラトル、ベルリンフィルハーモニーを聴いて)
ザルツブルク音楽祭8月30日(オペラ「イドメネオ」を観て)
指揮者ラファエル・クーベリックのモーツァルト交響曲
昨年のモーツァルトフィーバーは何処に行ってしまったのか?
音楽とその時代背景との関係
モーツァルトを訪ねて
モーツァルトとパリ
モーツァルトの演奏家
マエストロ オットマール・スウィトナー
ピアニスト イングリッド・ヘブラー
モーツァルトの視点から見たピアニスト小菅優について
モーツァルトの作品
モーツァルトのピアノ三重奏