超人ベータマンの最期

超人ベータマンの最期

状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:33ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

 岬誠吾は地球防衛軍 SAT の元・隊員であり、現在は与党・日本共栄党所属の国会議員である。彼は巨大生物災害――怪獣災害対策の新しい法案を国会に審議入りさせるために、忙しい日々を送っていた。
 そんなある日、東京湾・浦安沖に怪獣イルブロンが出現する。首都・東京を目指して破壊の限りを尽くすイルブロンに、自衛隊や在日米軍もハイテク兵器を装備した地球防衛軍も全く歯が立たない。
 すべてが灰燼に帰そうとした時、誠吾は決断する。そう、彼はかつて地球を守って怪獣と戦った身長 40m の深紅の巨人、ベータマンだったのだ! 八年前に重傷を負い、変身することすら困難なベータマンは果たして怪獣イルブロンを倒せるのだろうか。変身アイテム・スパークレットを手に、誠吾は今叫ぶ。
「ベータ・スパーク!!」

目次
シーン01
シーン02
シーン03
シーン04
シーン05
シーン06
シーン07
シーン08
シーン09
シーン10
シーン11
シーン12
シーン13
シーン14
シーン15
シーン16
シーン17
シーン18
シーン19
シーン20