他人の出産


著: wngeikai

他人の出産

著: wngeikai
販売価格:220円 (税込)
状態 完成
最終更新日 2019年04月30日 3年以内
ページ数 PDF:39ページ
内容紹介

「僕」は「加奈子」と結婚しているのに、妊娠してからの妻はなんだかおかしい。まるで別人になったみたいで、そんな妻と暮らしながら「僕」は、子供をもつこと、父親になることに、戸惑いとためらいを感じている。一方の妻(=「私」)は、自分のことを、とある作家の魂が妊婦のからだに入り込んでしまったのだと信じるようになり…。


「今の私が死んだ作家の魂であると自分を仮定しているのは、とりあえず妊婦だった記憶がないこと、そして数時間前に書いた文章からだ。しかし妊婦だった、という言いかたはおかしいのかもしれない。この女だってきっと生まれつき妊婦だったわけではないのだ。ただの女だった妊婦から産まれ、ただの女から妊婦になったのだ。しかし生まれる前の女は妊婦ではないのか。すべて人は妊婦の中の細胞だったのだから、妊婦だった何かなのだ。」(本文より)


著:渓子彩佳 『季刊わせぶん冬号'10』収録。

目次