まったくもってパニック障害1

まったくもってパニック障害1

販売価格:400円 (税抜)
状態 完成
最終更新日 2015年01月12日
ページ数 PDF:38ページ
内容紹介

「まさか、私がメンタルで?」自分は大丈夫と思っていても、知らずに蝕むメンタルの闇。

ざわざわとする気がする・・・なんだか落ち着かない。
あまり気にしないでほっておいたある日、電車に乗れなくなる。

発汗、呼吸の乱れ
動機、めまい・・・。

「どうなっちゃうの?」見えない恐怖はいきなりやって来る。

「まさか、自分がパニック障害になるなんて」そのまさかは、突然大きな嵐の様に現れる。

大きな渦の中から、一つの救いの方法が見つかる事で、不思議と嘘の様に汗も発作も消えていくのだった。自分が大きく壁を越えればまた、元に戻れる・・・・。

そんな時もあったねと、遠い思い出になる日がやってくるのです
貴方さえ、その気になればいつだって。

目次
第1章 負けず嫌いの
完璧主義
第2章 不公平
私がすべて悪いのか?
完璧主義と思いこんでるだけの貴方
第3章 副作用
知らずの薬害
第4章 
荒治療
第4章 たった少しの改善から導かれる
コントロール法
自己分析
試練
そもそもの原因調査
第5章 回復の兆しをみつけるのは貴方
きっかけはある日突然
汗になれる
薬依存を調整する・・・
甘やかさないで
息をひそめるパニックの影
出口はみつかる
奥付
第6章 シナリオカウンセリング
自分の中の知らない自分
ストーリーを書く
規則は作らない
あと書き