プチいけ花(第2集)


著: atec

プチいけ花(第2集)

著: atec
販売価格:110円 (税込)
状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:51ページ
内容紹介

伊豆松崎町の「岩科学校」は、なまこ壁の洋風建築、国指定重要文化財だ。
明治12年当時、松崎村内の教育振興熱が高く、校舎新築のための寄付金が集められた。「総建築費2630円66銭。内寄付金4割余」時の戸長佐藤源吉らにより新築計画が進められ、岩科村大工棟梁高木久五郎、菊地丑太郎によって設計施工された由緒ある建造物である。
建物や展示物にはあまり興味がわかなかったが、各教室に飾られていたミニ花瓶生け花に興味を持った。同館の隣にある売店でミニ花瓶をとりあえず10個買った。
1個315円なり。「小さいのに高いのではというお客様もいるのですよ」と店長。でも、大きな花瓶でも小さな花瓶でも作る手間は同じだ。材料は粘土なのだから材料費の格差も微々たるもの。315円は手間賃なり。けして高くはない。
小アジの干物でも普通のアジの干物でも、干物にする手間隙はさして変わらないのと似ている。
散歩の道すがら、花や草木を手折り、いける小宇宙を「プチいけ花」と命名し。小生のブログに新たなカテゴリィを設定する。
これを始めてから散歩の目的が一つ増え、道端の草花がいとおしく見え始めた。作品を順次公開することにする。同好の輩が増えることを期待しながら。

目次