川端康成の「雪国」から見えてくるシナジーのメタファーとは

川端康成の「雪国」から見えてくるシナジーのメタファーとは

状態 完成
最終更新日 2021年04月26日 1ヶ月以内
ページ数 PDF:18ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

川端康成の「雪国」を題材にして作家の執筆脳についてデータベースを作成しながら分析している。購読脳の「無と創造」が執筆脳の「創造と目的達成型の認知発達」とかみ合うかどうか、ロボット工学の人工感情を礎にし論理計算も交えて分析していく。「川端康成と認知発達」というシナジーのメタファーは、一応成立している。

目次