理由も意味も無い何か

理由も意味も無い何か

販売価格:110円 (税込)
状態 完成
最終更新日 2021年11月14日 1ヶ月以内
ページ数 PDF:160ページ
内容紹介

8畳ほどの部屋に閉じこもっている男のもとへ男の書く『この小説』を罵倒する女が現れる。夢の中で彷徨うように、男は自分の信念と理念と目的の中を彷徨って、そうして、いなくなる。作者不在状態とはいったい?
そして、物語は荒唐無稽に何か?大きな渦の流れに流されるようにこの世界の真実へと漂着する。
メタファクションと抽象的すぎる描写の羅列が妙なリズムを産んで唸ってしまう様な前衛作品。

男の妻は昏睡状態の夫をその専門医の所へ入院させ治療を開始する。精神から来る昏睡状態で男の幼い頃のトラウマなどを妻は調べに行き、後日、男の頭の中に入り『記憶の順番』を治そうとするが男の頭の中には人一人の脳の中に収まらない世界の真理に触れていた『目的』があり、それは男の脳の外へ出てしまった。専門医は「『これ』は小説だ」と気づき『世界の形』が明らかになる。

試し読みも別であります。

目次
閉塞
少年
愛しの未完成品達
主人公
昭子さん
素因
拐帯
ある側面のあらまし
理由も意味も無い世界
今村
根本考察