⁂ 蒼碧の森 ⁂

⁂ 蒼碧の森 ⁂

状態 執筆中
最終更新日 2021年02月01日 1年以内
ページ数 PDF:14ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

※ 何をどうしても更新ができなくなってしまったので、このお話の連載は中断しております。大変申し訳ありません。別サイトにて全話掲載済みです(詳しくは著者紹介文に記載しております) ※


そこは、深く静かな森なのだと、その子は言いました。

 深いけれども昏くはなく、様々な緑を透して幾筋もの白い光が射し込み、葉を通過したその光と立ち籠める白い靄は、青みがかった緑色にほのかに染まっているのだと。
 そこにいる総ての生き物たちは息を潜め、樹々たちですら動きを止め葉音を鎮めて。
 そんな密やかな静寂と、どこか親密な薄闇の中、彼らは目を醒ますのです。

 蒼碧の、眠りの森で。

目次
第1章
眠りの森 鳥を探して迷った少女<里村うた>
702号室 里村うた
709号室 片平梨花
いつもの居酒屋 桃香と涼介
第2章
眠りの森 自殺未遂の男<佐藤竹広>
701号室 佐藤竹広
709号室 片平梨花