地球・生命ヒストリー


著:

地球・生命ヒストリー

著:
販売価格:1,000円 (税抜)
状態 完成
最終更新日 2020年10月11日 1ヶ月以内
ページ数 PDF:96ページ
内容紹介

自然から離れた生活をする中で、自分が生物であり、地球の一員であるという事を忘れてはいないか - 地球誕生、生命誕生から、様々な地球規模の試練を乗り越えてきた生命の歴史を通じて、自分の「いのち」について考えるための本。

地球・生命の歴史に留まらず、進化論や古代の世界観、遺伝や細胞分裂、バイオテクノロジー・バイオミメティクスなど、「自分」につながる生物学を幅広く学ぶことができる。

目次
まえがき
第一章 地球と生命の誕生
地球の誕生
月の誕生
生命の誕生
地球カレンダー
第二章 単細胞生物の進化
古細菌(アーキア)
光合成のはじまり
全球凍結
真核細胞の誕生
第三章 多細胞生物の誕生とカンブリア爆発
生物の多細胞化
コラーゲンとエディアカラ生物
カンブリア爆発
脊椎動物の祖先
第四章 生物の陸上進出
大陸移動
植物と昆虫の陸上進出
魚類の進化と陸上進出
第五章 陸上での繁栄と大量絶滅
哺乳類型爬虫類
スーパープルームと大量絶滅
呼吸システムの発達
第六章 巨鳥時代と霊長類の出現
恐竜絶滅と巨鳥時代
地球温暖化
寒冷化と霊長類の進化
第七章 人類の誕生と進化
樹から降りた人類
様々な人類の誕生と絶滅
第八章 進化論と世界観
進化の仕組み
進化論と文化
古代の世界観
第九章 DNAと突然変異
DNAの構造とセントラルドグマ
突然変異はDNA配列の変化
第十章  細胞分裂と遺伝
自己増殖
無性生殖と有性生殖
細胞分裂
メンデル遺伝
第十一章 絶滅危惧種と保全
生物の分類
絶滅危惧種
環境保全
絶滅危惧種の復活
第十二章 生物相互作用
共進化
私たちは「ひとり」じゃない
寄生
植物への寄生
第十三章 バイオテクノロジー
人間とテクノロジー
農作物の育種
遺伝子組み換え技術
バイオミメティクス
第十四章 これからの地球と生命
化石燃料と代替エネルギー
地球の未来像
おわりに
地質年表
参考文献