赤毛のアン ヨセフの真実


著: nobvko

赤毛のアン ヨセフの真実

著: nobvko
状態 完成
最終更新日 2022年03月14日 1年以内
ページ数 PDF:132ページ
ダウンロード PDF形式でダウンロード EPUB形式でダウンロード
内容紹介

モンゴメリの日記や手紙に綴られた、まだ知られざるシャーロット・ブロンテへの心の絆。
そこから紐解かれた心ときめく新発見の数々を貴方に♪

マリラはどうして『マリラ』なのか。
アンの生まれ故郷ボーリングブロークの由来について。
アンの誕生日が3月15日と推定される理由。
「アヴォンリー」が古代ブリテン島の名の「音アナグラム」であること。
アン・シリーズの時間軸が途中からズレている秘密。
「ヨセフを知っている一族」とは何かについて、などなど。

シャーロット・ブロンテがアン・シャーリーのモデルであることを2010年に明らかにしたと自負する筆者が、【8月26日が水曜日】となる2020年の夏、満を持して『赤毛のアン』の秘密の核心に迫りました。
【8月26日が水曜日】がなぜキーポイントかは、読んでみてのお楽しみ♪

2010年発表の『真実の赤毛のアン(改訂版タイトル「ブロンテになりたかったモンゴメリ」)』の続編です。

[2021.7.23 改訂:補章その1の「シャロットの姫」に関する考察は、「白ゆり姫はシャロットの姫」というタイトルで拙noteサイトに書き改め、補章その1から外しました。]
[2021.11.18 改訂:英語版Wikipedia について2021年10月12日にnoteサイトに追記した内容を、こちらにも追加しました。]
[2021.11.29 改訂:2021年11月28日にnoteサイトの第6章3節に補足した内容を、こちらにも追加しました。]
[2022.3.14 改訂:「アン・ブロンテの没年齢」にあるブランウェルのシャーロットとの関係が「長兄」になっていたのを「弟」に訂正しました。]

*拙記事のアイディアを参考にされる際は、参照元明記をお願いします*

目次
序章
〜ようこそドロの世界へ〜
第1章 シャーロット・ブロンテ マニア
第1節 『赤毛のアン』とブロンテ作品の符合
第2節 黒髪のペア
第3節 「思い出」の花
第4節 『赤毛のアン』とシャーロットの年譜の符合
第2章 アン・シリーズの時間軸(タイムライン)
第1節 アンとマシュウの生まれ年
第2節 時間軸の初期設定
第3節 アン・シャーリーの誕生日
第3章 Anne’s House of Romance
第1節 ボーリングブローク
第2節 スコットランドへの忠誠
第4章 原郷の地
第1節 アヴォンリーは古メルローズ
第2節 マシュウとマリラの由来
第3節 川と森の重なり合うイメージ
第5章 白バラのヴィジョン
第1節 マシュウのスコッチローズ
第2節 アルビオンの馬の記憶
第3節 ノーサンブリア王国
第6章 青春の光と影
第1節 ポリーという愛称
第2節 『アンの青春』を彩るシャーロット・ブロンテ
第3節 投影された22歳の死別体験
第7章 シャーロット・ブロンテの恋文
第1節 「島」を離れて運命の人を知る
第2節 アンとギルバートとフィリパ
第3節 ジェムシーナ伯母さんとジャコバイト
第8章 1891年の夏の夢
第1節 振られた三人男、おじいさんになる
第2節 夢の家の在りか
第3節 船長と教授
第4節 ヴィジョンが見える人
第5節 kindred spiritsとヨセフを知っている一族
第6節 ウィルが「盗んだ」指輪
第9章 操作された時間軸(タイムライン)
第1節 スペイン風邪がさせた決心
第2節 『アンの幸福』で失われたもの
第10章 それでも見つけてほしいもの
第1節 WillowとWill
第2節 三年間の幸福
第3節 二人のキャサリンと「6月28日」
第11章 最後の二作で叶えたもの
第1節 夭折した二人のブロンテ姉妹
第2節 Lucyという名の系譜
第3節 早世した魂の救済
最終章 モンゴメリの死と再生
第1節 ヨセフは「取り去られた者」
第2節 DORの物語
補章 その1
アヴォンリーは創造的アナグラム
補章 その2
アン・ブロンテの没年齢
補章 その3
ネルソンとマクニール、そして「マリラ」