Qミん君の日本史百科

Qミん君の日本史百科

販売価格:3,300円 (税込)
状態 執筆中
最終更新日 2021年04月09日 1ヶ月以内
ページ数 PDF:112ページ
内容紹介

日本史に関する事項を、隨時、記述していきます。

目次
日本人物史稿
須佐之男 (生没年未詳 107見) すさノを ※『後漢書』の「倭國王帥升」に比定される
若御毛沼 (生没年未詳 2世紀中頃の人) わかみけぬ
淤斯呂和気 (3世紀中頃) おしロわケ 景行天皇 けいこうてんのう
山部 桓武天皇 (737生~806没) やまべ かんむてんのう
松永久秀 (1510生~1577没) まつなが・ひさひで
得居通幸 (1557生~1594頃没) とくい・みちゆき
来島通総 (1561生~1597没) くるしま・みちふさ
胡麻鶴新助 (生没年未詳、1592~1600見) ごまづる・しんすけ
毛利勝信 (生年未詳~1611没) もうり・かつのぶ 本姓は森氏
珠姫 天徳院 (1599生~1622没) たまひめ てんとくいん
上杉景勝 (1555生~1623没) うえすぎ・かげかつ
徳川秀忠 (1579生~1632没) とくがわ・ひでただ
宮本武蔵 (1584生~1645没) みやもと・むさし
徳川家綱 (1641生~1680没) とくがわ・いえつな 徳川第4代将軍
守澄法親王 (1634生~1680没) しゅちょうほうしんのう 初名・尊敬法親王
政仁 後水尾天皇 (1596生~1680没) まさひと・ごみずのおてんのう
良仁 後西天皇 (1638生~1685没) ながひと・ごさいてんのう
金谷仏水(生年未詳~1827没) かなや・ぶっすい 諱は信近
吉田重政(1797生~1867没) よしだ・しげまさ 豊後国国東郡富来村庄屋
小栗憲一 (1834生~1915没) おぐり・けんいち
史料による日本の歴史
二世紀後半 倭国大乱の収束と三輪山祭祀①
二世紀後半 倭国と大陸との交流
三世紀初頃 印恵と倭迹迹姫
日本史事典
合印 あいいん 「あいじるし」とも読む → 古文書用語&古文書学事典「合印 あいいん」参照
雨乞 あまごい 雨請・請雨・祈雨・雩とも書く
越天楽 えてんらく 雅楽の曲目の一つ
顆 か (くわ・くわん)
石盛 こくもり 斗代ともいう
桜川 さくらがわ 能の演目の一つ 世阿弥作の狂女物→能 のう
神道修成派 しんとうしゅうせいは
炭 すみ 木炭ともいう
貯石 ちょこく 貯穀に同じ 貯夫食・囲籾ともいう
能 のう
真菰 マコモ 別名ハナガツミ イネ科マコモ属の多年草
謡曲 誓願寺 ようきょく せいがんじ 伝・世阿弥 作
ルドベキア 学名:Rudbeckia キク科の一年草
日本史年表
はじめに
丁巳 西暦57年 〔後漢〕建武中元2年
丁未 西暦107年 〔後漢〕永初1年
允恭元年 丁丑 西暦437年
承平七年 丁酉 西暦937年
仁安三年 戊子 西暦1168年
応永五年 戊寅。西暦1398年
日本歴史地名事典
日本 にほん・にっぽん
神門 みかど 日向国臼杵郡(現・宮崎県東臼杵郡美郷町南郷区)
大村公園 おおむらこうえん
海外人名事典
王昭君 (生年未詳~前33見) おう・しょうくん Wang Zhaojun
架空人物・神仏名事典
松浦佐用姫 まつうらさよひめ
古文書集成
慶長十八年一月 本多上野介ほか連署「虚無僧十八ヶ条」
古文書用語&古文書学事典 附・文献解題
合印 あいいん 「あいじるし」とも読む
以為 おもえらく 謂へらく・思へらく
庶幾 しょき こひねがふ
徒然 とぜん