機装兵エクセス1 火星の黒騎士

機装兵エクセス1 火星の黒騎士

販売価格:50円 (税抜)
状態 完成
最終更新日 2012年02月13日
ページ数 PDF:69ページ
内容紹介

 克光暦紀元前一〇〇年代、重力等化効果を利用した機動兵器、エクセスが実用化された。地球共和国連邦(URT)と外惑星圏自由連合(OLU)、二つの勢力が相克する当時の太陽系世界にとって、人の形をしたこの新兵器が持つ意義は大きかった。二次に渡る木星大戦で戦場を支配したのは金属とセラミックで作られた巨人と、それを駆る兵士――機装兵であった。
―――
 第一次木星大戦直後の火星。
 地球化環境改造計画の失敗によって酸性雨がそぼ降る南シルチス州の一都市《楊貴妃市》で、OLUの元兵士だったアルバート・クラインは逃亡中の令嬢、パトリシア・ティーバルと出会う。地球圏の大富豪、スネル・ミネアと、彼と結託した南シルチス州主席弁務官、キム・セジュンの不正に関する重要な証拠品を持ったパットは、ミネアとキムの走狗となった地球共和国連邦の火星駐留軍に追われていたのだ。
 OLUの工作員、レオナルド・シンクエッティとともに、アルはパットを助けようとするのだが……。

目次
プロローグ
プロローグ1
プロローグ2
プロローグ3
プロローグ4
プロローグ5
プロローグ6
本編
シーン1 / 《最後の四月馬鹿》
シーン2 / オーバル・ヴィレッジ
シーン3 / ホテル《ウェルズ》
シーン4 / 書斎
シーン5 / 検問
シーン6 / 路地裏
シーン7 / 書斎再び
シーン8 / イザベラのアパート
シーン9 / 主席弁務官執務室
シーン10 / 長江大路
シーン11 / 南シルチス管区駐屯軍司令部
シーン12 / 揚貴妃市西星港・東ゲート
シーン13 / 管制塔
シーン14 / 港内地下連絡通路Я‐六〇六
シーン15 / 主席弁務官執務室再び
シーン16 / 西第七格納庫
シーン17 / “パーティー会場”
シーン18 / 上空
シーン19 / “パーティー会場”再び
エピローグ
エピローグ