生命体としての国家

生命体としての国家

状態 完成
最終更新日 2019年11月01日 3年以内
ページ数 PDF:9ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

国家を一つの生命体として眺める国家有機体説を再評価する。国家も、生命体同様、環境に柔軟に対処してその構造を改変し、進化するものであり、そうでなければならない。その観点から、19世紀の日本の対応や、20世紀の全体主義の崩壊過程を解釈し、同時に、大国がせめぎ合っている21世紀の流動的な国際関係を理解する。。(〈生命の哲学〉コレクション第6巻 所収)

目次