わたしを描く女 ③


著: Seno Le Ma

わたしを描く女 ③

著: Seno Le Ma
状態 完成
ページ数 PDF:51ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

《きみの眼差しの前で、私は素肌を曝した》

90年代の東京、歌舞伎町。
猥雑な気配を撒き散らしていた眠らない街に闊歩するホストたち。
同性愛と、犯罪と、そして、現れた不思議なチャイニーズ・マイフィアに、まだ見たことのない風景に誘われる。
ホストの《私》は、ある失語症の女と、その姉の眼の前で、絵のモデルになるために自分の体を曝すのだが、
次第に想いもかけない輪廻転生と過去と未来の記憶に苛まれ始めて、そして…

謎めいた女と男に誘惑されて連れ去られる迷宮の中の破滅的な愛の物語。

彷徨いこんだ転生と夢の中で、男の見い出したものとは?

ギリシャ神話、あるいは《オルフェウス教団》をモティーフにした、痛みと官能の長編小説。
時間が錯綜し、転生と存在の秘密の中に彷徨いこみます。

転生と時間と存在のあわいの中に生と死を見つめようとする連作の中核。その第三篇。
三分冊の第三巻。

思い切りエロティックで、限りもなく繊細で
どうしようもなく純で切なく、救いようもなく残酷で、にもかかわらず美しい。
そんな作品を目指しました。

連作《イ短調のプレリュード、モーリス・ラヴェル》第七話

目次
奥付
奥付