それら花々は恍惚をさえ曝さない ①


著: Seno Le Ma

それら花々は恍惚をさえ曝さない ①

著: Seno Le Ma
状態 完成
最終更新日 2018年12月19日 3年以内
ページ数 PDF:66ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

《咲き乱れるブーゲンビリアの下に、壊されていく君を見た。》

異国、熱帯の町ダナンで生活する日本人の《私》。
ブーゲンビリアの花が咲き乱れる《私》のうちに、
ある日忍び込んだ《盗賊》の美少年と、彼に従う野蛮な《盗賊たち》の集団。
《盗賊たち》の集団リンチとそれを指揮する美少年の微笑。
ある美しい女の結婚式に日に、《私》が見る事になる夢と幻覚。
美少年が、《私》のかつて愛した女の転生であることを知った《私》は…

そして暴力と犯罪、転生と愛が目醒めていく。

ベトナム中部の町、ダナン市を舞台にした、痛みと官能の長編小説。
時間が錯綜し、転生と存在の秘密の中に彷徨いこみます。

転生とギリシャ神話をモティーフに、生と死を見つめようとする連作の中核。その第一篇。
二分冊の第一巻。

思い切りエロティックで、限りもなく繊細で
どうしようもなく純で切なく、救いようもなく残酷で、にもかかわらず美しい。
そんな作品を目指しました。

連作《イ短調のプレリュード、モーリス・ラヴェル》第六話

目次
奥付
奥付