海辺の対話(上)

海辺の対話(上)

状態 完成
最終更新日 2018年12月23日 3年以内
ページ数 PDF:28ページ
ダウンロード PDF EPUB
内容紹介

本書は、フランスの哲学者アラン(1868-1951)が、1931年にN.R.F.(新フランス評論社)から刊行した『海辺の対話』(Entretiens au bord de la mer)の全訳です。テキストとしてはガリマール叢書版(1960)に所収されているものを使用しました。電子書籍としては全二巻(第一の対話~第九の対話)のうちの上巻です。原書の草稿は、1929年8月~9月にフランス西部の大西洋に臨むビスケー湾沿いの村ル・プールデュの家で執筆されました。

目次
本文
第一の対話
第二の対話
第三の対話
第四の対話
奥付
海辺の対話(上)